わが社の使命は、日本のものづくりのノウハウを、小規模生産から完全なサプライチェーンに至るまで評価し、グローバルなハードウェアスタートアップと私たちのエコシステム内のキープレイヤーを繋ぐ新しい手段を探して、IoT起業家に力を与えることです。

次のものづくりツアーに
是非ご参加ください

今見る

MBCプロジェクト管理&試作品作成

MBC試作コンサルティング&作成

① 試作工程表策定サポート等業務委託契約書は月額のコンサルティングサービス

  • プロジェクトの評価
  • テクニカル詳細の整理
  • 京都試作ネット企業等から最適企業の選択
  • 京都試作ネット企業等への紹介
  • その他プロジェクトへの提案
  • 予算等に基づく開発/試作スケジュールの提案
  • MBC マスタープランに基づいたプロジェクトのスタート
  • 開発進捗のモニタリングとレポーティング

推薦文: ハカルス

ウェブサイト: hacarus.com

ハカルスは、 ヘルスケアのベンチャー企業で、テクノロジーの力を借りて食生活を向上させた健康を目指しています。
食を通じて健康を推進する活動、「食べるものが私たちをつくる」に従事する京都の会社で、その社名は日本語の「計る」にちなんでいます。

KSNによる試作開発

• データを自動的に入力する特別な台所用はかり
• 使い方は簡単! はかりの上に食べ物を置いて、スマートフォンに向って食べ物の名前を言います。
• スマートフォンが自動的に栄養素を計算し、情報をクラウドに保存します。


藤原健真

ハカルスCEO、創始者
(連続起業家、元SONY技術者)

ハカルスの試作品は、私たちの最初のコンセプトを検証し、有効なフィードバックを(家族や友人ではない)本当のユーザーから得るためのキーポイントでした。KSNのパートナーは本当にすばやく、プロジェクトを3ヶ月で、5万米ドルの投資で達成しました。試行錯誤による数回の工程を経てビジネスモデルをIoTからAIとソフトウェアに変更する決断をしました。IoTスタートアップは、たくさんの時間と資金を中国での大量生産に無駄遣いするよりもDFMのエキスパートによるサポートを探すべきではないかと、私は考えています。


Current stage: Fundraising
Small lot production developed by Makers Boot Camp: 100 prototype unities


ハカルスをサポートした中小企業


デザイン設計:

PCB:

製造組立:

組み立て:

MBC試作ファンド

  • 試作用サポートから – 100,000 ~ 1,000,000米ドル (精査後)
  • 毎年10件から15件の有望なスタートアップのサポートを行っています(日本国内50%、海外50%)
投資ポリシー
  • 資金提供対象: 国内外のスタートアップで、IPO(未公開株)を持たない/上場されていないもの
  • 資金提供地域: 北米、ヨーロッパ、アジア
  • 段階: デモ用試作を持つ初期段階スタートアップ
  • 領域: IoT関連スタートアップ成長産業
    • ロボット工学、センサー、ネットワーキング、ビッグデータ解析、医療機器、看護ケア、消費者/ライフスタイル, 環境、エネルギー
  • 資金額: 1千万円(9万米ドル)から最大1億円(90万米ドル)
  • 目的: 試作品作成費用のみ(工業コスト)

MBCサプライチェーンおよびパートナー

大量生産のサポートを提供します

  • 信頼に値するサプライチェーンの発見
  • 戦略的パートナーシップの構築
  • マーケティング上のサポート提供