「試作ファンド」光るスマートシューズの開発ベンチャーへ投資

Jonas Marczy Press Release

Makers Boot Camp(運営:株式会社Darma Tech Labs、本社:京都市下京区、代表取締役:牧野成将、以下「MBC」)はスマートフットウェア®Orphe(オルフェ)を製作する株式会社no new folk studio(本社:東京都千代田区、代表取締役:菊川裕也、以下「nnf」)へ「MBC Shisaku 1号投資事業有限責任組合」(以下「本ファンド」)から出資がおこなわれたことを発表いたします。nnfは、スマートフットウェアとそのプラットフォームの開発をおこなっており、それらを日本国内はもとより海外のシューズメーカー等へ販売予定です。MBCはハードウェア試作の面からサポートをおこなっていきます。

【スマートフットウェア®Orpheについて】
Orpheは「日常を表現にする」をコンセプトに誕生した、表現のためのまったく新しいスマートフットウェア®です。LED、モーションセンサー、無線通信機能を備え、リアルタイムに足の動きを解析して光や音へと変換します。スマホアプリと接続し、光や音を編集してダンサーやパフォーマーの表現のツールとして使えるだけでなく、Macと接続すれば楽器やプロジェクター・AR・VRなどと連携が可能です。これまでAKB48、水曜日のカンパネラ、山本寛斎等とコラボレーションをおこなっており、国内外からスマートフットウェアの先駆者として注目を集めています。

【Makers Boot Campの試作支援に関して】
MBCは、量産化を見据えた試作を製作するベンチャー企業へ投資をおこなうと同時に、一般社団法人京都試作ネットと共に技術面でも彼らを支援しています。nnfは、現行Orpheの安全性、耐久性等の性能向上を目指し、試作品をMBCと製作中です。来年1月にラスベガスで開かれる、家電見本市CES 2018にOrphe及び開発中の新製品を出展する予定です。

【Orpheのプラットフォームについて】
これまでアート・エンターテイメント領域に特化したサービス、技術提供をおこなってきましたが、今後は精密な運動解析とリアルタイムのフィードバックを軸に、ヘルスケア・スポーツなど、様々な技術応用を展開していきます。靴+クラウド+アプリ開発ツールからなるスマートフットウェアのプラットフォームを通じて、国内外のシューズメーカーとの連携の他、情報産業への応用も積極的に図っていく予定です。

MBCは今年中に20億円の資金調達を達成し、金融機関や各分野の事業会社との連携を強化し、「京都をモノづくり・IoTスタートアップの都」にすることを目指します。

■本件に関するお問い合わせ先
Makers Boot Camp(運営:(株)Darma Tech Labs) 担当:二神(ふたがみ)
e-mail: [email protected]