MBC試作ファンド

試作向けファンド

MBC試作ファンドは日本初の試作に特化したファンドです。日本と海外のスタートアップ10~15社/年ほどに投資をおこなっています。MBCはインキュベーターやベンチャーキャピタルと共同投資を行い、生産の初期ラウンドで効率的なデューディリジェンスをおこなっています。

  • 試作のための日本で初めてのファンドです。小ロットのための追加投資もおこなっています(要精査)
  • 毎年10件から15件の有望なスタートアップのサポートを行っています(日本国内50%、海外50%)
投資ポリシー
  • 資金提供対象: IPO(未公開株)を持たない/上場していない国内外のスタートアップ
  • 資金提供地域: 北米、ヨーロッパ、アジア
  • 段階: デモ用試作を開発済みの初期段階スタートアップ
  • 領域: IoT関連スタートアップ成長産業
    • ロボット工学、センサー、ネットワーキング、ビッグデータ解析、医療機器、看護ケア、消費者/ライフスタイル、環境、エネルギー
  • 資金額: 1千万円(9万米ドル)から最大1億円(90万米ドル)
  • 目的: 試作品作成費用のみ(工業コスト)